Python で副業(?) YouTube Data API を使ってみる 〜その2:準備、API Key 編〜

プログラミング

YouTube Data API の「概要」ページには、YouTube Data API を使い始めるために必要な準備が記載されています。先ずはその準備が必要になりますので、この記事で一緒に準備していきましょう。

準備

YouTube Data API の概要  |  Google Developers

作業を始める前に(1)Google アカウントを作成

既にお持ちだと思いますので省略します。YouTube Data API 確認用に新たに登録される場合も、通常の登録と同じになります。

作業を始める前に(2)アプリケーションを登録…というか API Key の発行

上のページからリンクをクリックしていきます。

「アプリケーションを登録します。」をクリック
「Credentials page」をクリック
「利用規約」に同意し、「同意して続行」をクリック
「スキップ」をクリック
「プロジェクトを作成」をクリック
「プロジェクト名」を入力して「作成」をクリック
「API キー」をクリック
API Key の作成が完了した様子

API Key の作成が完了しました。ここで画面の指示に従い “キーを制限” してみようとしても適当な制限が見当たりません。一旦「キャンセル」しておきます。
※IP 制限等の “アプリケーションの制限” については、ご自身の環境に合わせて設定していただければと思います。私は設定していません。

作業を始める前に(3)Cloud Console で YouTube Data API のステータスを「ON」にする

「Could Console」をクリック

……さっきまでの画面で、違う表示がされているだけなんですけどね。
ちなみにここからは、説明と実情が異なるようです。さっそく “[Services] ペイン” は見当たらないので、以下の画面キャプチャを参考にして下さい。

「ライブラリ」をクリック
「YouTube Data API」をクリック
「有効にする」をクリック
「認証情報」をクリック
編集「✎」をクリック

ここまでの操作で「YouTube Data API」のみに API を制限できるようになっているので、該当の項目を選択して「保存」しましょう。

API Key の名前を変更、「YouTube Data API」に制限し、「保存」をクリック
API キーの名前、制限を確認している様子

“作業を始める前に” の準備が整いました!

cURL コマンドで試してみよう!

cURL コマンドを利用するのは API を確認する、一番、手っ取り早い方法です。以下の記事中でも使用しています。

YouTube のリファレンスページ(こちら)の説明を確認すると……

  • GET メソッドでリクエストする
  • パラメータは全てクエリパラメータで指定する

と記載されています。そこで cURL コマンドは以下のようになります。
※key の部分にはご自身の API Key を指定して下さい。

curl -G
'https://www.googleapis.com/youtube/v3/playlists?key=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx-xxxxxx&part=snippet&channelId=UCTfuU0u1bdofWDqkFTz4QaA&maxResults=5'
cURL コマンドで再生リストを取得した様子

YouTube リファレンスページ “試してみる” の結果と同じ様に、再生リストの情報が取得できることが確認できました!

次回は Python を使って YouTude Data API からデータを取得してみましょう。
幸いにも、YouTube ページには Python のサンプルコードが載っています。いくつかは OAuth 2.0 を使用するものですが、API Key を使用するサンプルもありますので、そちらを試してみましょう。

Python Code Samples  |  YouTube Data API  |  Google Developers

コメント

タイトルとURLをコピーしました